事務所案内 業務のご案内 決算書すっきり簡易診断 相続ナビ.com

メッセージ

メッセージお客様の疑問に答え、要望に応えることを目標として私たちは努力しています。
事務所の前を通りかかったお客様がふらりと立ち寄る、そんな雰囲気の事務所です。

ぼんやり、ぼちぼち、なんとなく経理を行っていてはだめですよ。
経理が変わると経営が変わります。
「改革を行いたい」「一度見直しをしてくれ」。そんな前向きな経営者の皆様を応援いたします。

Last update 2018/01/12
Last update 2018/01/06

 

Last update 2018/01/17
プロローグ

規模の大きい会計事務所の方が良いですか?また小規模な会社でも対応してくれますか?

顧客が多く規模が大きな会計事務所は、その分の企業が顧問契約しているので、レベルは高いでしょう。

いろいろな業務のスペシャリストがいる、多くの事例を持っている、広範囲のサービスエリアに対応できるなどのメリットがあると考えられますが、大きいから良い、小さいから悪いなどといったことはありません。

大切なことは、期待するサービスを受けられるかどうかです。
わたしたちは規模が大きくないですが、フットワークの良い、スピード感のある事務所を目指しておりますので、わたしたちにもお気軽にお問い合わせください。

わたしたちのお客様の大半は、中小企業や個人事業主の方です。つまり、会社の規模は関係がありません。むしろ、お付き合いを頂く中で、お客様が成長・発展・拡大をしていくのを見守ることができるのはわたしたちの喜びです。

相続のことは相談にのってもらえますか?

まずは、相続税がかかるのか・かからないのか。かかるとすれば、どのような対策が必要になるのか。このあたりからの打ち合わせは始まります。

被相続人様が亡くなってからでは遅いこともあります。早めに対策を打つことが肝心です。

相続税の節税対策や、事業承継等の自社株対策など後継者へのスムースな引き継ぎのアドバイスを致します。

設立して間もないのですが、何から手をつけるべきでしょうか?

まず、現金出納帳をつけましょう。現金出納帳は、こづかい帳みたいなものとお考えください。しかし、基本となるものですので、甘く見てはいけません。

毎日の領収書を日付順に整理して現金出納帳に記入します。現金出納帳は、必ず毎日記入します。

預金関係も毎日記帳して、取引の内容を忘れてしまう前に通帳にメモ書きをします。このように後から検証可能の状態にしましょう。

経理はご面倒でも毎日行うことが基本です。日々計数管理を実践している企業は、確実に伸びていきます。どんぶり勘定は儲かっているときは良いでしょうが、誤解を恐れずに言えば、業績が落ち込むモトです。

Copyright(c) 2007 望月会計事務所, All rights reserved. Designed by WEB SUCCESS.